◆◆◆◆ゼロ円◆◆◆◆ ブログを始めました。

ご注意

新着記事は2番目に表示されています。

初めまして。

ゼロ円ショップ主宰のリョージ・ソロスです。

 

ただ今、開店に向けて準備中ですので、色々な情報やゼロ円ショップについての解説を行って生きたいと思います。

 

よろしくお願いします。

◆◆◆◆銘柄◆◆◆◆ イオンの株主優待に注目。最大12%割引は本当か?

職場での、ふとした会話から思いついたイオンの株主優待

 

調べてみると最大7%の割引が受けられるとの事で、一般向けの5%割引デーに買い物すると最大12%割引となる模様。

 

元々、小売店仕入れ先として最寄りのイオン系スーパーを検討しており、そこも株主優待の対象だと分かったので、イオンの株主優待に向けて行動する事にしました。

 

とは言っても貧乏社長の身。

12%割引は600万円分の株を所有する必要があります。

少しずつ買って行くしかありません。

◆◆◆◆開発◆◆◆◆ POSレジの第一次開発が順調です。

久々の投稿になります。

 

POSレジの第一次開発が順調に進んでいます。

この後の開発は資金が無いので少し間が空くと思いますが、やはり開発費用の捻出にクラウドファンディングを検討した方が良いように思います。

 

実態も何も無いのにクラウドファンディングをしても意味が無いと言うアドバイスもあります。

調達額の1割を成功報酬として丸投げして資金を集められないでしょうか。

◆◆◆◆差別化◆◆◆◆ クレーマー、横着・横柄な客への対策として

私は小売業のチェーン店で8年間アルバイトしてきましたが、本当に横着・横柄な客が多いです。

 

チェーン店なので全てが弱腰ですから、レベルの低い人間(客)は横着・横柄になってしまうのです。

 

そう言った人間への対策として、個店の店主(もしくは店長)に値引き率の権限を持たせます。

面と向かった相手が権限を持っていると、人の弱みにつけ込んでクレーマーになるような人間は急激に大人しくなります。

彼らはそもそも弱い人間なのです。

それが気に入らなければ、他の店へ行ってもらっても何の問題もありません。

 

チェーン店の弱点は、クレーマーに対して「帰って下さい」や「二度と来ないで」と言えない所です。

0Yen.shopのシステムでは、気に入らない客に対しては、堂々とクレーマー認定をして、「帰って下さい」「二度と来ないで」と言える様にします。

◆◆◆◆ポイント◆◆◆◆ 新しいポイントシステムと会員レベル

そもそも、常連客と一見客とで商品価格やサービスが同じと言うのがおかしいです。

 

お店に貢献しているお客には還元をすべきですし、一見のお客に安売りをする必要がないです。

そこで考え出したのが、新しいポイントシステムと会員レベル(値引き率)です。

 

今までの購入によって貯まっているポイントの総額によって値引き率が決まるシステムです。

商品価格から値引きするのでは無く、粗利(店の利益)の何%を値引きするのかと言う考え方です。

例えば、今までに最高の貢献をしていると評価出来るお客には粗利の60%程度は値引きしても問題ないでしょう。

実質、商品価格の20%引きくらいにはなる計算です。

 

また、ポイントを付けられない商品(代表的な物はタバコ)にも、購入実績ポイントを付与する事により、会員ランク(値引率)の決定の要素として使用します。

これによりタバコを買った際の貢献度が、他の商品を購入した時の値引率に反映される仕組みです。

◆◆◆◆WEBレジ◆◆◆◆ WEBレジの開発が始まりました。

小売業ですので、とにかくレジが必要です。

 

現代の小売業では通常POSレジで在庫管理も同時に行っていますが、有名な所ではTECだと思います。

ごく最近ではタブレットを使用した簡易的なレジも発売されているようです。

 

ですが、0Yen.shopの場合は、今までにない流通形態を目指しているので既存のサービスでは対応できませんので、一から作る必要があります。

 

私には資金がありませんから、少しずつ低額で開発してくれる若手SEに依頼して開発する事にしました。

 

最初の開発は在庫管理画面です。

商品バーコードを利用して、商品テーブルを登録して、入庫までを行う事ができます。

その他の機能では、商品テーブル一覧や在庫一覧などがあります。

 

今回、これら機能の開発に、

48,000円

支払いました。

お金はないのですが、何とかひねり出しました(笑)

◆◆◆◆接客◆◆◆◆ お客様は何様???

日本の接客業の理念は根本的に間違っていると思います。

 

お客とは、

 『儲けさせてくれる人

 『金を使ってくれる人

の事です。

 

たかが100円のコーヒーで何を偉そうにしているんでしょうか。

 

確かに100円のコーヒーを買う客の中にも、普段の買い物でお店を儲けさせてくれている『お客様』もいらっしゃいます。

私なら『お客様』への感謝として、100円のコーヒーは無料で提供します。

 

その代わりに、偉そうな態度は許しません。もし、偉そうな態度を取ったりしたら『お客様』としての特典(他にも多数あります)は全て剥奪、出入り禁止とします。

 

その為に会員制として、厳格な会員管理(評価、教育)を行います。